【眼科クリニック】求人の特徴・探し方・働き方について

小規模な眼科クリニックは、全国にたくさんありますし、基本的には病床を持たないところが圧倒的に多いので、そこで働く看護師にとっては、毎日規則正しい勤務時間で仕事ができる職場環境と言えるでしょう。そのため、この診療科を専門としている人にとっては、仕事と家庭、育児を両立しやすい職場のため、求人募集がかかると少ない求人数に対して大勢が殺到するという事態もよく起こります。個人経営のクリニックのほうが、大学病院や総合病院からの募集よりも競争率が激しいということは多いのです。

 

激戦になりやすい眼科クリニックに採用してもらうためには、探し方が何よりも大切なポイントです。ハローワークに足を運ぶよりは、人気があるロケーションや好条件のお仕事なども紹介してくれることが多い転職支援サービスを利用しながら転職活動をしたほうが、効率的に、より良い条件のお仕事が見つかりやすいのではないでしょうか。こうしたサイトを利用すると、医療業界を知り尽くしたプロのカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれるので、初めての転職や、自分の目指している方向性に自信がない看護師にとっても、心強いサポートとなってくれそうです。

 

最近では個人経営のクリニックでも、レーシックなどの日帰り手術を手掛ける病院が多くなっています。オペの経験を積みたい人にとっては、夜勤もなく、オペの経験もできる貴重な職場が増えているということは嬉しいですね。ただし、まったくの未経験者では採用につながりにくいので、ある程度の経験や実力を持っていることは必要と言えそうです。