【大学病院の眼科】求人の特徴・探し方・働き方について

大学病院の眼科で働く看護師の仕事は、小規模なクリニックで働く看護師のお仕事とは大きく異なります。眼精疾患は「目」の疾患のため、患者さんにとっては他の診療科目より比較的体を動かしやすいことが多く、手術をする場合でも、外来で手術を行ったり、日帰り入院するという人が多いようです。大学病院では、主にそうした手術が必要な患者さんを中心に対応しているため、そこで働く看護師のお仕事も、手術のサポートが多くなるようです。この診療科目でたくさんの症例を経験したり、知識を得ていきたい人にとっては、短期間でも実力がつきやすい職場と言えるのではないでしょうか。また、他の診療科目では、手術の介助や器械出しなどの作業は手術室勤務のスタッフが専門に行うことが多いのですが、日帰りの手術や外来が多い眼科においては、大学病院でも手術のサポートを病棟勤務の看護師が担当することが少なくありません。オペの知識や経験を積みたい人にとっても、大学病院は理想的な職場と言えそうですね。

 

こうした求人を見つけるには、転職支援サービスを利用する方法がおすすめです。どこの病院でどんな求人が出ているのかを効率的にチェックできるだけでなく、こうした転職サービスでは医療業界を知り尽くしたプロのカウンセラーが転職活動をサポートしてくれるというメリットもあります。どこの病院が働きやすいとか、どこの病院の待遇が良いなど、求人募集には記載されていないようなこともアドバイスをしてくれるので、満足度が高い転職先を見つけることも可能です。