未経験で眼科の看護師求人に応募する際の注意点

眼科の看護師は、他の診療科目と比べると仕事内容が少し特殊です。一般的に看護師のお仕事は、医師のサポートをしたり器械出しをするのがメインの職務となりますが、この診療科目の場合には検査がとても多く、数々の検査を行うのは多くの場合、看護師のお仕事となります。すでに働いていた経験がある人なら、転職しても仕事内容が大きく変わってしまうことは少ないようですが、まったく経験がない未経験者の場合には、最初に覚えなければいけない検査項目などがたくさんあるので、少し大変かもしれません。

 

未経験の場合には、小規模なクリニックよりは、眼科病棟を持っている大学病院や総合病院の求人がおすすめです。こうした病院では、小さなクリニックから回されてくる患者さんもいますが、院内で検査を行うことも少なくありません。それに、実力やレベルの違う看護師がたくさん仕事をしているので、わからないことなどを先輩に聞きやすいという環境で働くことができます。未経験の人にとっては、わからないことは迷っているよりも先輩に聞きながら素早く仕事を覚えていきたいものですね。

 

これまで別の診療科で仕事をしてきた人が眼科を希望する場合には、面接の際に必ず志望動機などが聞かれます。キャリアを積みたいとかステップアップのため、という一般的な志望動機でもよいですし、家から通いやすくてより多くの時間を仕事に集中できるから、という動機でもよいかもしれません。ただし、未経験者の場合でも志望動機は必ずポジティブなものであることは大前提なので覚えておきましょう。前の職場がきつかったとか、残業が多かったなどマイナスの動機は控えておいたほうがよいでしょう。