眼科で身に付く看護スキルや求められること

眼科に勤務する看護師の仕事内容にはいくつかありますが、他の診療科目に勤務する看護師の仕事内容とは大きく異なっているものが多いので、他の科目から転職を考えている人にとっては、これまで慣れ親しんでいた経験や知識があまり役に立たないということも多いようです。眼科で働く看護師のお仕事にはまず、たくさんある検査に対応するというお仕事があります。検査項目がたくさんあるため、それぞれの検査機器を正しく使い、正しい方法で検査を行うわけですが、慣れればそれほど難しいわけではないので、この診療科での実務経験がない人なら、まずはこうしたお仕事から始めたほうがよいかもしれませんね。

 

また、個人経営のクリニックでも、最近では日帰りの手術や外来手術を行う病院が多くなってします。大学病院や総合病院の場合には、勤務する看護師の数も多いため、経験がなくても先輩に指導を仰ぎながら仕事を遂行できます。しかし、規模の小さいクリニックになると、1人のスタッフにのしかかる責任が大きくなってしまうため、眼科における知識があることは大前提ですし、オペの対応や器械出しなどについても経験やスキルが求められることは言うまでもありません。夜勤がないクリニックへの転職を希望する場合には、まずは一人前の技術力をつけて、十分な知識も兼ね備えることが大切と言えるでしょう。

 

スキルがあれば、オペでもドクターのサポートができます。オペ介助をすれば手当もつくので、お給料アップも期待できそうですね。