【総合病院の眼科】求人の特徴・探し方・働き方について

総合病院の眼科は、その病院ごとにどのような診察を行うのかが大きく異なっています。そのため、そこで働く看護師にとっても、仕事内容が大きく異なりますし、年収も病院ごとに大きく変わるのが特徴。総合病院への転職を希望している場合には、どんな仕事をしたいのか、どのような働き方をしたいのかをよく考えながら、希望に合った病院を見つけることが必要です。

 

この診療科目を取り扱っている病院には、手術などをメインに行う大学病院、主に検査がメインのクリニック、そしてその中間的な存在でもある総合病院があります。病院の中には日帰り手術などをメインに行うところもあったり、検査がメインで手術日が週に1日だけ設定されているという所もあります。眼科で働く看護師にとっては、検査をメインに経験したいのか、それともオペの介助を経験したいのかによって、病院の選び方も異なります。また、オペの介助が多ければ多いほどオペ手当という報酬がつくので、オペを多く行う病院の方が、その眼科で働く看護師にとっても年収アップが期待できます。

 

求人を見つける際に気を付けたいのは、この診療科の病棟があるかどうかという点。病棟を持っていれば入院する患者さんもいるということなので、当然そこで働く看護師には夜勤がついてきます。しかし、他の診療科には病棟があっても眼科には病棟がないとなれば、夜勤がなく日勤だけという可能性も大きいので、仕事と家庭を両立させたい人にとっても、働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。